David Official Web Site

Goods

 
 David Official Web Shop
「Wizard Store」
オフィシャルのみの限定商品も販売!




David Official Web Shop
「Wizard Store -Global-」
※ global Only!!

詳細 >>

QR Cord

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

2018.4.27

久しぶりのブログ更新です。
レコーディングも色々ありつつも順調。

もうすぐ1ヶ月ぶりのDavidのステージ、30日池袋EDGEを控えています。

その前に、イレギュラーなライヴ2本を終えた。

20日 HOLIDAY SHINJUKUでの「それでは…。友の会」
先輩であり、かつてのレーベルメイトであるRayさんの、ベーシストとして最後のライブイベントのスペシャルバンドへヴォーカルとして誘っていただきました。

Davidとして活動する上で滅多な事がない限りセッションはやらないという意思を持っていたのだけど
Rayさんの人柄やこれまでお世話になってきた事を思い、迷う事なく受けさせていただいて。

メンバーが全員決まったら、元メンバーの蜘影がいたり何だかほっとするメンツになっていたよ。

楽曲はRayさんが歴代努めてきたバンドの中からRayさんの選曲で、共に同じレーベルで過ごして来た時代の楽曲だったり
俺が音楽を始めた頃の楽曲であったり、激しさをメインに時に切なく、良い選曲だったと思います。

1.鬱(NEGA)
2.muddy cult(NEGA)
3.Black lily(Dead Children)
4.reminiscence(NEGA)
5.SUICIDE(Aliene Ma'riage)
6.壁(NEGA)

やはり、どんな楽曲を歌ってもオリジナルメンバーで演奏する事が一番だと思うから、自分なりに楽曲を昇華させて楽しんでもらう事をすごく考えたかな。

だから、コーラスワークやライヴのSEをこのライヴの為に制作したり、衣装にこだわってみたり、限られた時間の中で俺に出来る事はやらせてもらいました。

全てにおいて完璧にとはいかなかったかも知れないけど、楽しんでもらえていたら嬉しいです。

友の会の名に相応しく、メンバー皆ともより仲良くなれたかな(笑)
メンバー集合写真。


Rayさん、ありがとうございました。


22日 池袋EDGEでの「The Scene of Transmigration」
俺が過去にやっていた「Metis Gretel」のメンバーでの、こちらも当日限定バンドです。

この日はchariotsの解散主催イベント。
当初お誘いをいただいた時はDavidでの出演を予定していました。
けれど、解散となる事を聞いた時に、「より特別な事をしたい」という気持ちが生まれて。

同時期に、Metis Gretelのメンバーから「また5人でやりたい」という気持ちを聞いていて、別の機会のライヴの話が出た時はメンバースケジュールの都合でライヴは無くなってしまったのだけど

今回はメンバースケジュールの一致、美沙麗のバースデーも間近だった事、過去の復活イベントにてドラマーを努めていただいた美景さんの大事な節目のイベントという事もあって、「ここしかない」という気持ちになり決定させていただいた。

chariotsメンバーは全員非常に縁が深く、以前のバンドの時代からDavidに至るまでずっと良くしていただいていました。
だから、出演出来て本当に良かったな。

選曲は、悩みつつもメンバーで選んだ。

1.Metamorphose
2.混血
3.Vanishment Decadence
4.夢籠〜tragic Cinderella〜
5.Funeral
6.Crucifixtion
7.仮面神殿(MASK 〜 魔界神殿)

個人的にしいて言えば、「Fairy Tale…Gothic」をやってみたかったかな。

メンバー揃っての復活は本当に尊い事。
応援してくれている皆からしても嬉しいよな。

去年やらせてもらったMegaromaniaもそうだけど、バンドが解散してメンバーが別々の道を歩んでいる中
大事な機会にまた志を一つに集まれる。

そんな熱い気持ちを持った、そして優しいメンバーばかりのバンドでリーダーをやれていた事を本当に誇りに思っています。
集まってくれる皆に対しても。

20日同様、このライヴに関しても出来る事は全力でやらせてもらった。
当時は、楽しいとか、上手くいったという事よりも、どちらかというと苦労の方が多いバンドだったからこそ、
その想いも強かったです。

美沙麗との出会いが無ければ、全国展開は考えられなかったかも知れない。
あの時、希望をありがとう。HAPPY BIRTHDAY!!

Rukiaとの出会いが無ければ、Metis Gretelは始まらなかったかも知れない。
一緒にバンド名考えたね。ありがとう。

刹那との出会いが無ければ、フルメンバーになる事も無かったと思うし、理想のバンドは作れなかったかも知れない。ありがとう。

屑希との出会いが無ければ、音楽を始められなかったかも知れない。
夢のキッカケをありがとう。

そんなメンバーとの写真。
そして、美景さんとも。

chariotsは、皆パワーのあるメンバーさん達なので、きっとまた素敵な音楽を生み出してゆく事を願っています。

そんな願いを込めて、俺達も友情出演させてもらいました。
本番上手くいかない事もあったけど、今となっては全て楽しく充実していました。

この2本、本当に楽しめたな。
関わった皆さんにありがとう。

さて、ここからはまたDavid一色に戻ります。
何度でも言うけれど、今年は正念場です。

あの時の決心は決して忘れないし覆さない。

ずっと歌っていたいと思うからこそ、必ず結果を出したい。
ただ願うだけじゃ何も変わらない。

まずは、「創生録」という最高の生きた作品を創ります。

2018-04-27 02:33:34投稿者 : David